Livre para Viver

日本語とポルトガル語とその周辺

イグアスの滝に行ったら鳥公園(Parque das Aves)に行こう!

ブラジルといえば、イグアスの滝世界遺産です。

イグアスの滝については様々なブログで言及されているので、後回しにして、ここでは、その近くにある鳥公園をご紹介します。

ブラジル2014ーフォスドイグアスからアルゼンチン側にバスで行く - Livre para Viver

パラナ州の奥地にあり、アルゼンチンとブラジルにまたがっています。

そのイグアスの滝のブラジル側国立公園のすぐ手前に鳥公園(バードパーク、Parque das Aves)があります。

この公園は、16.5ヘクタールの敷地に、約150種類以上の鳥が飼われています。

中でも、色鮮やかなオオハシ(Tucano)や、コンゴウインコ、フラミンゴは必見です。

正直な話し、今回Parque das Aves「鳥公園」は「時間があったら行ってみよう」くらいに考えていました。結論は、「行ってよかった!イグアスに行くならマスト!」です。

いろとりどり!

ダジャレではありません。ホントにいろとりどりの鳥がいるのです。

中でもコンゴウインコとオオハシの種類は圧巻です。

オオハシ(トゥッカーノくん)です。トゥッカーノスという名前のシュハスカリアが東京にありますが・・・。端正な顔立ち。

 こんなブラジルカラーのやつとかもいたり・・・。

(妻撮影。)

「写真とってくるなー」っていう目つき。

f:id:yamagen98:20140528143516j:plain

フラミンゴちゃんや、いちゃついているインコちゃんもいます。

鮮やかでしょ!てか、2本足で立つこともあるんかいっ!

f:id:yamagen98:20140528143848j:plain

公共の場でいちゃいちゃするんじゃありませんっ!

f:id:yamagen98:20140528144000j:plain

とにかく、ここには載せきらないほどの、いろとりどりのとりたちがとにかくいっぱいいるんですよ。

大したことないと思っていたのですが、かなり満足しました。

イグアスの滝国立公園のすぐ近くなので、体力と時間があったら、その日のうちに行けば時間が節約できます。

2時間くらいいましたが、すごく楽しくて時間を忘れてしまっていました。ホント、おすすめ。

日本人少なし

イグアスの滝でも、ブラジル側の拠点であるフォスドイグアスからアルゼンチンに行くバスにも、アルゼンチン側のイグアスの滝にも日本人がたくさんいたのですが、鳥公園では、1人しかいらっしゃいませんでした。

鳥公園は言っておきます。これはマストです(笑)。おすすめです。

行き方

中心市街地のバスターミナルから出発する110番のバスに乗ってください。イグアスの滝国立公園に入る手前のバス停で降ります。

人がたくさんいるので、問題なくわかると思います。

フォスドイグアス市内バスの120番(空港・イグアスの滝行き)で、真っ直ぐいけます。

バスの時刻表とルートは、フォスドイグアス市のウェブサイトで確認できます。

Prefeitura Municipal de Foz do Iguaçu

上記のwebsiteのhoráriosをクリックすると時刻表が表示されます。

また、itinerárioをクリックするとバスのルートが地図上に表示されます。

表の枠囲みの左側は、月曜日から土曜日の時刻表、右側は日曜日です。

CRVは公園のビジターセンター、TTUはバスターミナルを表します。(本数が多いわけではないので、時刻表は確認した方が良いと思います。)

訪問しやすい場所にありますし、バスでも乗り継ぎなしで行けるので、おすすめスポットです。