Livre para Viver

日本語とポルトガル語とその周辺

Google Play Music はAndroid+mac使いの救世主!

私は普段macのコンピューターとLG製のアンドロイドスマホを使っています。
マイノリティのマイノリティかもしれませんね。
アンドロイドはGoogleのアカウントとの連携が楽なのと、初期のiPhoneに良い思い出がないこと、(やんちゃなチビを連れていることもあり)よく落とすことなどの理由から、iPhoneにはせずに使っています。
macでもGoogleカレンダーと同期できますし、クラウドはdropboxを使っているので、親和性の問題を感じていません。

↓聞かせると5分でチビが寝落ちします(笑)

Galinha Pintadinha, Vol. 4

Galinha Pintadinha, Vol. 4

唯一の問題は音楽

コンピューターで音楽を聞くときはiTunesを使っています。
ここには所有しているCDの音楽とダウンロードした音楽がほぼ全て入っています。
いままではiPodに入れていたのですが、スマホに変えてから、スマホの充電と同時にiPodの同期と充電をしなくてはいけないのが手間で…数年前までは、ネットにつながっているパソコン上の音楽を、ストリーミングするサービスがあったのですが、なくなってしまって。
電車の中で音楽を聞くときは、(ブラジルや日本の)ラジオのサイマル放送を聞いていました。
車通勤が基本だったので、あまり不自由は感じてなかったんですね。そもそも車に乗るときはラジオを聴く人なので。

クラウド上にアップロードしてストリーミング

そんな中アップルがクラウド上に音楽をアップロードしてストリーミングできるサービスが始まっているらしいじゃないですか!
50000曲まで無料でアップロードできて、しかも聞き放題サービスを使わなければサブスクリプションフィーの必要がないらしい。
(Apple Musicもそこまでは無料なのかな?サイトをみてもわかりませんでした。)

Cloudにアップロードするためのアプリが提供されていて、これも無料です。もちろんiTunesに対応しています。
持っているCDがたくさんあって、しかも、聞き放題サービスにはないような音楽ばかりだと、月々1000円弱を払おうという気にはならないと思います。無料でクラウドにアップしてストリーミングできるサービスは本当にありがたい。
いまのところ、不便さは全く感じていません。むしろ無料で使えていいのかな、という感じ。iPodとはおさらばすることになりそうです。

↓こちらの記事を参考にして、昨日試してみました