Livre para Viver

日本語とポルトガル語とその周辺

息子1歳2ヶ月、産まれてから買ってよかった物

息子が産まれてからはや1年以上が経ちました。

b.livreparaviver.net

明後日で丁度1年2ヶ月。これまでに買った物を整理したいと思います。

結構なコマ数を持っているため、(仕方がない理由で)共働きではない状況ですが、何とかなっていますが、この1年間は、電化製品などの出費がもの凄く多かったです。(できるだけ安くて使い勝手の良いものにしようと頑張っています。)

今年こそは、多少出費を抑えられれば良いなと思っています。

エアコン

一昨年の8月に同じアパートの間取りの異なる部屋に引っ越しました。

いままでは、一続きの1DKで、ダイニングと寝室の間に、両開きの扉があり、備え付けの寝室のエアコンを動かしておけば問題なかったのですが、新しい部屋は1LDKでリビングにのみエアコンが備え付けられていました。

そこで、一番安いラインのエアコンを買って取り付けました。(それでも5万しました。)

特に複雑な機能もない、冷暖房エアコンですが、逆に使いやすく満足しています。

産まれたのが11月だったので、一冬の間は、就寝中もエアコンを付けていました。

除湿器

http://www.flickr.com/photos/66012103@N00/2218211174

photo by swperman

昨年の冬の終わりごろだったと思いますが、息子の服や、タオルが生乾き臭を放ち始めました。

その頃、肌の弱い息子のために、合成洗剤ではなく、液体の洗濯用石けんを使っていました。

 また、洗濯も、息子をお風呂に入れた後にすることが多く、エアコンの風で乾かしていたのですが、充分に乾いていなかったようです。(さらに、春に壁を見るとカビが生えていました。うちは、寝室側の壁が外に面している上に、鉄筋コンクリートなので生えやすかったようです。)

そんなわけで、梅雨時前の新製品との入れかえになる時期に、在庫処分の加湿器を購入しました。

電気代が安いらしい、コンプレッサー式を購入。

冬は、確かに乾きにくいですが、自動で止まったあとに、朝入れ直すと、ちゃんと乾いていたりします。

洗濯機が脱衣所兼トイレにあって、割と広い(たぶん3畳くらいある)ので、そこで干しています。

洗濯物の臭いもあまり気にならなくなりました。

合成洗剤に戻しましたが、やはり夜洗濯機を回すことが多いので、今も使っています。 

室内用物干し竿

脱衣所が広いこともあり、洗濯物を干すスペースはあったのですが、洗濯機上の棚など、棚にかけて干していて、洗濯物と洗濯物の間に風の通るすき間がなく、また、干すためにいろいろ工夫して、かける場所を作っていたのですが、結構ストレスでした。

そこで、近所のホームセンターを2軒ほど周り、コーナンでプライベートブランドの使いやすそうな室内用物干し竿かけを見つけました。

たぶんコレがそれに近いと思います。

床と天井を使って突っ張らせるポールに、物干し竿をかける部分が付いています。

これなら、スペースを潰すことなく干せるので、とても便利です。

他の室内用物干しは、広げて使うもので、例えば2LDKや3LDKのうちに住んでいれば活用もできたと思いますが、ただでさえ手狭な部屋を潰すわけにもいかず断念。こちらにしました。多少割高ですが、正解でした。

セラミックファンヒーター

冬の時期のお風呂場は寒いですよね。我が家も例外なく寒いです。(まだ窓がないだけましかもしれませんが。)

11月に入って、寒くなってくると、お風呂上がりに息子が寒そうにしていました。

昨年は、まだ動けなかったので、私が独身のころから使っていた、激安(600円くらいだったと思います。近所の西友で買いました。)のカーボンヒーターを使っていました。

山善(YAMAZEN) 電気ストーブ(800W/400W 2段階切替) ホワイト DS-D086(W)
 

 でも、今年は、歩き回れるようになっていて、お風呂上がりは割りとじっとしてはいるものの、触って火傷しないか怖いです。

お風呂場を暖めてくれればいいので、多少電気代は高めでも、安全で、かつ、すぐ温まるものを量販店で物色しました。

上記の条件を満たすものは、セラミックファンヒーターに絞られたのですが、

価格帯や機能が様々で、悩みに悩みました。

空気清浄機付きというものや、ダイソンの羽のない扇風機に暖房機能が付いたものなどがありました。

ダイソンのものは、予算を大幅にオーバーするので、除外。扇風機付きがベースなので、夏冬兼用なのは魅力的ですが、お風呂場で使うには不便です。

また、空気清浄機付きのものも、高くてサイズが大きいものばかり。分割で買うという手もありましたが、やめました。

最終的に、ファンヒーターと加湿器が組み合わさっているもの。

寝室は、エアコンを使っている上に、息子は乾燥肌で、昨年の冬から春にかけては、赤くて痛々しい感じでした。加湿器は欲しいと思っていたので、ちょうど良かったのです。買ったのは、お値段などとの相談によりこれ。

パナソニック セラミックファンヒーター 加湿機能付 ひとセンサー付(ナノイーあり) ホワイト DS-FKX1205-W
 

 結果として良い買い物でした。

寒いお風呂はすぐに温まるし、寝室に持ってくれば加湿器になるしで、とても便利です。

洗濯物が多いときや、厚手のものを選択したときは、除湿器と一緒に暖房を付ければ、早く乾きます。

まとめ

2人ぐらしの時には、買おうとも思わなかったものを、子どもが産まれてから一気に購入しました。

除湿器は本当に便利で、スペースと時間の節約になります。

2ヶ月ほど、妻が仕事に出ていた時期があったのですが、外に干すために早起きする必要もありません。

いまは、共働きではありませんが、除湿器はフル活用しています。共働きに戻ったら、さらに活躍してくれることと思っています。