Livre para Viver

日本語とポルトガル語とその周辺

医学と看護を学ぶ留学生の教育のための研究、これまでの発表まとめ

現在、所属している国際医療福祉大学に着任して以来、医学と看護を学ぶ留学生の教育のための研究を行ってきています。 2017年度の後半から今までにかけて、複数の発表を行い、大分溜まってきたので、発表・出版予定のものも含めて、整理するためにこちらにまとめます。(随時更新)

1. 医学に関する研究

2017年2月に国際医療福祉大学に着任して以来、医学の日本語教育に関する知見が少ないことから、医学に関する語彙の研究を進めてきています。2018年4月からは、JSPS科研費基盤(B)のメンバーに入れて頂いています。(予稿集のあるものは、こちらからダウンロードできます。)

1.1 医学語彙に関する研究

発表

  • 2017年7月 山元一晃・品川なぎさ 「医師国家試験分析のためのコーパス構築の試み」(竹園日本語教育研究会、つくば)
  • 2017年10月 山元一晃・品川なぎさ・稲田朋晃「医師国家試験コーパスの構築と名詞語彙の分析―対数尤度比に基づく特徴度を指標として―」(日本語/日本語教育研究会、大阪大学

論文

  • 山元一晃、稲田朋晃、品川なぎさ(2018)「医師国家試験の名詞語彙の対数尤度比に基づく分析と教材開発の可能性」『日本語/日本語教育研究』9, pp. 245-260.
  • 三枝令子・丸山岳彦・庵功雄・松下達彦・石川和信・小林元・品川なぎさ・稲田朋晃・山元一晃・遠藤織枝 (2019) 「動詞に見る医学用語の特徴 -BCCWJとの比較から見えること-」『専門日本語教育研究』21, pp. 69-76.

1.2 医学漢字に関する研究

発表

  • 2018年2月 稲田朋晃・品川なぎさ・山元一晃「医学部学生のための漢字語彙の選定と教材開発」(竹園日本語教育研究会、つくば)
  • 2018年8月 稲田朋晃・品川なぎさ・山元一晃佐藤尚子「医療系分野で学ぶ留学生のための漢字教科書の開発」(日本リメディアル教育学会第14回全国大会、創価大学
  • 2019年5月 稲田朋晃・山元一晃・品川なぎさ・佐藤尚子「医療福祉系国家試験の漢字 はどの程度共通しているか」[PDF](2019年度日本語教育学会春季大会、つくば国際会議場
  • 2019年8月 稲田朋晃・品川なぎさ・山元一晃「学習のしやすさを考慮した医療漢字の分類」(日本リメディアル教育学会第15回全国大会、金沢工業大学

教材

語彙の研究および漢字の研究に基づいた教材が、2020年4月刊行予定です。

  • 園田祐治・稲田朋晃・品川なぎさ・山元一晃佐藤尚子・佐々木仁子 (印刷中) 『医療にかかわる人のための漢字ワークブック』国書刊行会.

1.3 医学に特徴的な表現に関する研究

発表

  • 2018年3月 品川なぎさ・稲田朋晃・山元一晃「医師国家試験に特徴的な表現の分析 -動詞を中心に-」(専門日本語教育学会第20回研究討論会、名古屋大学
  • 2019年5月 山元一晃・稲田朋晃・品川なぎさ「専門語と一般語のはざま-医師国家試験の語彙からの一考察-」(2019年度日本語教育学会春季大会、つくば国際会議場

2. 看護に関する研究

2018年より看護学科の教員とともに、看護師を目指す人のための教材作りを進めています。
また、教材作りを進めるにつれ、実証的な研究の必要性を感じ、語彙などの調査を進めています。

2.1 実習記録の語彙や表現に関する研究

発表

  • 2019年9月 山元一晃・浅川翔子「手本となる実習記録の語彙の特徴の分析」(言語資源活用ワークショップ2019、国立国語研究所
  • 2019年11月 山元一晃加藤林太郎「看護の実習記録の表現の分析―留学生への支援のために―」(2019年度日本語教育学会秋季大会、島根県立産業交流会館)
  • 2020年3月 山元一晃・浅川翔子・加藤林太郎「短単位n-gramを用いた看護実習記録の「情報収集」から「アセスメント」への展開における表現の分析」(社会言語科学会第44回大会、同志社大学今出川キャンパス)
  • 2020年5月予定 山元一晃「看護実習記録の「アセスメント」における記述の特徴―接続表現に着目して―」(日本語教育学会2020年春季大会、一橋大学

2.2 実習記録テキストの開発

発表

  • 2018年9月 山元一晃加藤林太郎・浅川翔子「看護師・看護学生のためのライティングテキストの現状と課題:留学生のためのライティング教育への応用を視野に」(第10回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会、九州大学病院キャンパス)
  • 2018年11月 山元一晃加藤林太郎「看護師を目指す留学生のための実習に即したライティング教材の開発」(2018年度日本語教育学会秋季大会、プラサ・ヴェルデ (静岡県沼津市))
  • 2019年2月 加藤林太郎山元一晃・浅川翔子「電子カルテから情報を収集し課題を完成させるライティング教材」(「具体的な状況設定」から出発する  日本語ライティング教材の開発第4回研究会、早稲田大学
  • 2019年9月 山元一晃加藤林太郎・浅川翔子「医療専門職を目指す留学生のためのアカデミックライティング教材の開発」(第9回国際医療福祉大学学会学術大会、国際医療福祉大学赤坂キャンパス)

論文

  • 加藤林太郎山元一晃・浅川翔子 (2019) 「看護系留学生のためのライティング教材開発―電子カルテ等からの情報収集による課題遂行を中心に―」『早稲田日本語教育学』27.

3. その他医療系分野の日本語教育に関すること

国際医療福祉大学における様々な取り組みを、学内の学会で少しずつ発表しています。また、会話に関する研究をちょこっとだけ(笑)しました。

発表

社会言語科学会ポスター「短単位 n-gram を用いた看護実習記録の「情報収集」から「アセスメント」への展開 における表現の分析」

2020年3月6日に京都の同志社大学で行われる予定だった社会言語科学会の発表のポスターをこちらに掲載することにしました。
学会員の皆様には、質疑をウェブで取りまとめるとのことですので、そちらを通じて、ご質問がおありの方はお願いできたらと思います。
なお、発表論文集に、この発表の発表論文が掲載されています。学会に参加予定だった方は、発表論文集をご覧ください。(pp.174-177)

ポスター


注意事項

  • 本ポスターの著作権は発表者である山元一晃、浅川翔子、加藤林太郎にあります。
  • 本ポスターの剽窃、改変、出典の明記のない引用は、お断りいたします。

言葉の伝わり方の問題と伝え方の問題と

臨時休校の流れにのって、子どもたちの通う園も極力登園しない、という方針になりました。そのことを知ったのは昨日の夕方のことだったのですが、実は園としては、先週の段階で、そのような方針だったのでは、と思い当たりました。

最初の連絡が来たのは先週末のことで、自由登園になります、とのことでした。

文面は、以下のような内容です。(知っている人であれば園が特定できてしまう内容は伏せています。)

日頃より、園の運営にご理解・ご協力いただきありがとうございます。

昨日安部首相により、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、全国小中学校に臨時休校を呼びかける発表がありました。そのことを受けて、●●園では下記のように対策をとることに決定致しました。

■ 3月2日(月)〜18日(水)の期間自由登園

8:00〜14:00 無料(朝の預かり/●●●●もいる通常の預かり保育)

14:00〜18:00 通常通り午後の預かり(●●●●保育・通常預かり保育)

給食費 :利用した回数分請求(1食●●円)

※バスによる送迎は行いません

※登園時の注意事項

(以下略)

とあり、その後は行事の中止のお知らせと、卒園式のお知らせのみでした。

呼びかけの中に幼稚園や保育園は入っていなかったこと、自由登園とあったことから、不安な人や風邪気味の子が休んでも欠席にはなりませんよ、ということかと思いました。

給食も利用した回数分請求ということで、休みやすくしているのかな、と単に感じたのです。

昨日は、そう考えた保護者の方が多かったからか、通常保育開始1時間前の時点で、半数以上の子どもが登園していました。

そうしたら、次のような連絡がありました。

保護者の皆様には日頃より、ご理解・ご協力頂きありがとうございます。本日から自由登園です。今回の自由登園は、ご家庭でお子様を見ていただくことを基本としています。お仕事の都合等あり必要な場合にお預かりさせていただいております。お子様の体調管理等よろしくお願い致します。

と連絡がきました。

これを見て、緊急時に必要な情報を、正確に伝えるのは難しいな、と率直に感じました。

最初の連絡に、「お仕事の都合などで必要な場合はご利用ください。」とあれば、そういう誤解も生じなかったのかなと思いました。

 おそらく園側としては「臨時休校の措置による」「下記のように対策をとる」という部分から、当然、上記のような理解をすると判断したのだと思います。

しかし、昨日多くの子どもが登園していたところを見ると、大半の保護者はそうは理解しなかったのだと思います。

「自由登園」、つまり、「来ても来なくてもよいこと」が対策だと判断したのだと思います。これまでの「自由登園」は降雪や台風などによるもので、「登園が難しければ来なくても欠席にはならない」というものでした。

そのようなことから、やはり「風邪等や不安のため登園をしなくてもよい」という園の判断によるものと考えた人が多かったのではないかと感じます。

こういうときに正確に伝えるのは難しいなと思う一方で、どのような読み手であっても誤解が生じないように書くことの大切さを痛感したお話しでした。

※なお、園側を非難するつもりは全くありません。園には、いつも本当に感謝しています。この状況の中、共働きの人へのサポートをしてくださっていることには、感謝しかありません。我が家も近いうちに共働きになるので、今回の一件で、今の園で本当によかったと感じています。